【開催検討中】令和2年度春季大会のおしらせ

お知らせ

令和2年5月16日(土)、17日(日)の2日間にわたって、日本歌謡学会令和2年度春季大会が開催されます。第1日目には公開シンポジウム「一条兼良『梁塵愚案抄』と室町文化」が企画されています。ふるってご参加ください(※現在新型コロナウィルスの世界的蔓延にともない、春季大会の開催について検討中です。開催の可否に関するお知らせは、4月初旬の予定です)。

大会の概要について、以下に掲載いたします。プログラム、シンポジウム趣意、発表要旨等については、後日追記いたします。

概要

期日 令和2年 5月16日(土)・17日(日)
会場 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」
https://www.niigata-u.ac.jp/university/facility/tokimate/
(新潟県新潟市中央区笹口1丁目1番地 プラーカ1・2階)
※JR新潟駅南口徒歩3分(直結)

懇親会場 アートホテル新潟駅前
http://www.art-niigata-station.com/

日程
   5月16日(土) 公開シンポジウム「一条兼良『梁塵愚案抄』と室町文化」
   5月17日(日) 研究発表会

共催
  科研費若手研究「南北朝期・室町期の内侍所御神楽の基礎的研究」(研究代表者:中本 真人)

お問い合わせ先
  新潟大学 中本 真人 
  nakamoto*human.niigata-u.ac.jp(*を@に変えてご連絡ください)

プログラム

後日追記いたします。

シンポジウム趣意・要旨等

後日追記いたします。

タイトルとURLをコピーしました