日本歌謡学会について

ご案内

日本歌謡学会は、日本を中心とした歌謡を研究する人たちの集まりです。昭和38年(1963)に設立され、現在に至ります。 歌謡ならびに歌謡に関連する領域の調査・採集・研究を促進し、研究者相互の連絡提携をはかることを目的としています。 研究成果を公開する活動として、大会(春季)、研究発表会(秋季)、および『日本歌謡研究』(査読誌、年刊)の刊行を行っています。

日本歌謡学会は、日本学術会議協力学術研究団体として指定されています。また、日本文学関連学会連絡協議会に加盟しています。

沿革

公開準備中です。

関連情報

関連団体

日本学術会議|わが国の科学者の内外に対する代表機関
日本学術会議は、我が国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。
日本文学関連学会連絡協議会

所属会員( J-GLOBAL参考 )

J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンター
J-GLOBALは、「つながる、ひろがる、ひらめく」をコンセプトに、これまで個別に存在していた科学技術情報をつなぐことで、新たな気付きや発想のひろがりを支援する国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が運営するサービスです。研究開発でキーとなる研究者、文献、特許、研究課題、機関、科学技術用語、化学物質、遺伝子、資料な...
タイトルとURLをコピーしました